北向きの賃貸に住んでいるのですが、冬場の寒さや洗濯物の乾きの悪さに困り、日当たりの大切さを実感します。

賃貸において子供の居心地を良くしすぎると困る
賃貸において子供の居心地を良くしすぎると困る

賃貸の日当たりは重要なのだと実感しました

私が住んでいる賃貸は北向きの2DKです。高台にあって、部屋の窓からの眺望が良いところが気に入って新婚生活を送るために借りる事になりました。広さや間取り、収納の量やキッチンの使い勝手など気に入っている部分も多いですし、基本的には家賃の割にはお得な物件だと思っているのですが、北向きの物件と言う事もあって日当たりの悪さに関しては頭を悩ますことも多いのです。

確かに夏場は快適です。南側にあるキッチンと北側にあるリビングの窓を開けておくと風が良く通り、真夏の昼間でなければクーラーなしでも十分快適に過ごす事が出来ます。強い日差しがリビングに入ることもないので、確かに室内は涼しいのです。反面、問題は冬場です。カーテンを閉めていても、朝になると窓一面についた結露が凍りついてふき取ることすら出来ずにいます。寒冷地と言う事もあり、寒さとの戦いは一層厳しいものになりました。さらに、洗濯物の乾きが極端に悪いのも困った点です。毎日乾燥機と言う訳にも行きませんので、苦肉の策で南側にある共通の通路の策の外側に物干しをつける事になりました。さすがに何でも干せるという訳にはいきませんが、主人の服やタオルやシーツ類などはそちらに干すようにしています。

このページもチェック!

Copyright (C)2018賃貸において子供の居心地を良くしすぎると困る.All rights reserved.