現在住んでいる賃貸の困りごとをいくつか紹介します。匂い、音、水回り、隣人さん、温度など。

賃貸において子供の居心地を良くしすぎると困る
賃貸において子供の居心地を良くしすぎると困る

現在の賃貸の困りごと

現在住んでいる賃貸は住めば都と言いたいところですがいくつかの不満、困りごとがあります。最初にわかっておけば他の賃貸を選んでいたかもしれません。まずは匂い。これは実際に住んでみないとわからないのですが、換気扇を回すとお隣さんの吸っているたばこの香りがしてくることがあります。たばこの香りが嫌いな人にはきついです。気になる人は最初に管理会社の人に聞いておくとよいと思います。次は音です。賃貸はアパートなのですが防音はいまいちです。上に住んでいる人が騒がしい時はドンドンと音がしてきますので隣の壁は要チェックです。片方は分厚いコンクリートなのですが、片方はすごく響く薄い壁だったので、かなりお隣さんの声が聞こえてきますし、時々夜中にケンカするので困ります。

次は水回りです。これも住んでからわかったのですが時々キッチンから水が漏れてきます。多く水を流すと床にじんわり水たまりを作ります。パイプがつまっているのか、ずれているのかわかりませんが困ります。隣人さんが個性的でやたら声が大きい人がいます、隣人さんで困ったときも管理会社に連絡します。最後に温度です。フローリングなので床は冷えるし、窓の隙間からわずかに気流を感じるので、冬はかなりきついですが、防寒グッズを買えば困りませんので何とかしのいでいる状態ですね。設備で困ったときは大家さんに相談するとよいと思います。

このページもチェック!

Copyright (C)2018賃貸において子供の居心地を良くしすぎると困る.All rights reserved.